スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROYAL HUNT featuring D.C.Cooper Japan Tour 2011 @ Shinagawa Stellar Ball, 2011.04.23.

MR.BIGの翌日でしたが4/23、品川はステラボールで行われた、
ROYAL HUNT東京公演に行ってきました。
今回は何故かD.C.Cooperが復帰してのツアーということで、
初ROYAL HUNTにして初DC。
DC 在籍時の『Paradox』と『Moving Target』は彼らの作品の中でも
最も好きなアルバムの二つなのでかなり楽しみにしていた公演でした。
予告通りParadoxの完全再現と言うことで、オープニングSEからアルバム通りのスタート。
そこへローブを纏ったフロントマンが…。
いかにも"Show"と言った感じの登場でしたがそれが見事にはまっていました。

DCは若干声が出ていないとか、歌が下手になったとかネット上で噂を見ていたので
不安もありましたが、始まってみると繰り出されたのは魅惑的な中低音、
つんざくようなハイトーン、フロントマン然とした大きなアクションなど、絶好調なご様子。
John やMark のパフォーマンスは観たことが無いけれど、これと比較されると地味って
言われても仕方無いだろうな、というぐらいの派手な立ち振る舞い。

DCが歌うParadoxの曲は後追いファンからすると二度と観られないと思っていた曲なので、
MC無しに完全再現されるParadoxはとても感動的でした。
確かに高音が若干きつそうなところもちらほらありましたが、
あの作品の素晴らしさを再認識されるに十二分なパフォーマンスだったと思います。
"Long Way Home"や"Silent Scream"、凄かったな…。

ParadoxのみならずROYAL HUNTの音楽性のアイデンティティであるコーラスは、
今回はお馴染みMaria McTurk と新顔のAlexandra Popova という二人。
(Alexandra は"サーシャ"って呼ばれてたかな?)
なかなかに存在感のあるバックコーラスで、曲によっては衣装チェンジもあり、
こちらも素晴らしいパフォーマンス。
欲を言えば全体的にもうちょっと高音が欲しかったな、と思ったのは気のせいかな?

Paradoxセットの後はAndré あのイントロを奏で出して、"Last Goodbye"がスタート。
Moving Targe tからの曲も鳥肌ものでした。
"Far Away"では東北のことに若干触れたMCを挟みつつ、DCが情感的な歌唱を披露。
ラストの高音までばっちりで、こちらも感動的でした。


ツアーの発表時にはまだ明らかにされていなかったギタリストは、Jonas Larsen なる人物。
経歴は全然知りませんでしたが、ふさふさのパーマヘアにストラトキャスター、
速弾きスタイルと、ざっくり言えばイングヴェイタイプ。
なかなかのテクニシャンのよう。
アンコールでのギターソロはまずまずと言ったところでしたが。
André と並んでフロントに出てくるとJonas の小ささとAndré の大きさが
物凄く強調されてたな…。

最後にDC とAndré が抱擁したのは今回のツアーの演出なのかも知れないけれど、
わざわざこのタイミングで期間限定のDC復帰を考えるとこの後何かあると勘ぐらずにはいられない…
そんな印象が残った公演でした。

- 来日メンバー -
・D.C. Cooper (Vo)
・André Andersen (Key)
・Andreas Passmark (B)
・Allan Sorensen (Dr)
Jonas Larsen (G)
Maria McTurk (Backing Vo)
Alexandra Popova (Backing Vo)

-Set list-
【Paradox】
00. Ava Maria Guarani
01. The Awakening
02. River of Pain
03. Tearing Down the World
04. Message to God
05. Long Way Home
06. Time Will Tell
07. Silent Scream
08. It's Over

09. Last Goodbye
10. 1348
11. Stranded
12. Far Away
13. Time
- Encore -
14. Freeway Jam
15. Martial Arts
16. Epilogue

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

コメント

§

お疲れさまでした

ギリギリまで調整したんですが行けなくて残念です
DCの低音高音が好きなんですけどやっぱり高音は出にくかったんですね
断然DCの方が好きなんでここは行っておきたかったです
もうないかもしれないし。。というか何でいまさらって感じなんですが。
何かのフラグが立ったんでしょうか?謎なツアーですね。

§ ◇◆ callitame さん ◆◇

僕は実はROYAL HUNT歴代ヴォーカルだとJohn が一番好きなんですが、
これ行かないともうDC見られないかも…と思って行ってきました。
若干ハイトーンが怪しかったところもありましたが、概ね期待以上でした^^

ただ、今更感は拭えないですね。
いくら巧いからと言っても「何で?」って疑問が…
フラグとしか思えませんが商業的な理由かなーとも思ってしまったり。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

atomyy

Author:atomyy
音楽の話題と日々感じたことを
書いています。
最近はMetalだけでなく
Prog Rock/Metalにも傾倒しています。

ブログタイトルはVAIのアルバム『Sex & Religion』収録曲から。

※管理人への連絡はこのカラム下のメールフォームよりお願い致します。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2 Counter
Translation
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
Recent Entries
Recent Comments
My tweet
Category
Blog Ranking
今日は何位? クリック↓


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Search
atomyy's Playlist
1.Homegrown - Alive In Lugano / GOTTHARD
gotthard_homegrown_side
2.Heritage / OPETH
opeth_heritage_side
3.Grace For Drowning / STEVEN WILSON
stevenwilson_gracefordrowning_side
4.A Dramatic Turn Of Events / DREAM THEATER
dreamtheater_adramaticturnofevents_side
5.Falling Deeper / ANATHEMA
anathema_fallingdeeper_side
6. The Aristocrats/ THE ARISTOCRATS
aristocrats_aristocrats_side
7. Revival/ THE ANSWER
theanswer_revival_side
8. Dualism / TEXTURES
textures_dualism_side
9. Sympathetic Resonance / ARCH/MATHEOS
archmatheos_sympatheticresonance_side
Recently Played Tracks
My Weekly Top Artists
Album Quilt
Link
Monthly Archives
Recent Trackbacks
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS Feed
QR Code
QR
Blog Jankie
NINJA TOOLS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。