スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD 【September, 2010】

気がつけば9月が終わって3日も経っていました。
…9月は急に仕事が忙しくなりました。
すると物欲も爆発するようで。

Recordings / PORCUPINE TREE ★★★★☆
Someone Here Is Missing / THE PINEAPPLE THIEF ★★★★☆
Audio Secrecy / STONE SOUR ★★★★☆
Poetry For The Poisoned / KAMELOT ★★★★☆
El Cielo / DREDG ★★★★☆
Live At The Fillmore / DREDG ★★★☆☆
Made In Switzerland (DVD&CD) / GOTTHARD ★★★★★
In Live Concert At The Royal Albert Hall (DVD&CD) / OPETH ★★★★★
Black Country Communion / BLACK COUNTRY COMMUNION ★★★★★
Magic & Mayhem - Tales From The Early Years / AMORPHIS ★★★★☆
Cowboy Mode / MOJOBONE ★★★★★
Static Impulse / JAMES LABRIE ★★★★★
Burning Shedから購入したPORCUPINE TREEとTHE PINAPPLE THIEF。
PTは再発盤ということもあってか新譜ほどの印象はありませんでした。
とは言っても間違いのない楽曲群です。
PINAPPLE THIEFは聴き込み不足。

期待していなかったSTONE SOURは試聴してつい購入。
楽曲を一聴してのパワーはさすがですが、
アルバム通しての魅力となるとやはり過去作同様に厳しいものが。
単発で聴くと格好良いのですが…。

KAMELOTの新譜も試聴してつい購入。
Khanの病状が心配ですが、作品は素晴らしいです。
過去作よりもちょっとヴォーカルの色っぽさが減退したかな?

amazonで安値だったDREDGはアメリカのテクニカルロックバンド。
曲は良いですが、ちょっと迫力に欠ける感も。
ヴォーカルが若干エモっぽいので聴く人によっては苦手かも知れません。
プログレ好きなら聴いてみて欲しいバンド。

GOTTHARDのDVDは長らく買い忘れていた作品。
先日WEBでほぼ全曲公開されていたので思い出し、中古で発見したので購入。
Lipserviceリリース時のスイスでのライブですが、非常に素晴らしいです。
本国では本当に大物なんだな、というのが一見してわかります。
また来日してくれないかな。

OPETHのDVDも大満足な作品。
イギリスのRoyal Albert Hallの雰囲気が、彼らの楽曲の荘厳さを際立たせています。
Disc 1はBlackwater Parkの完全再現。
Disc 2は各アルバムから一曲ずつ。
ヘッドフォンで聴いたのでそこそこ良音だったのですが、
Opeth.jpさん企画の上映会で本格的オーディオによる良音で観られる予定なので
さらに楽しみ。
映像を先に見たい、ということでCDはこれから聴きます。
内容はDVDと同一。

9月に最も楽しみにしていた新譜はBLACK COUNTRY COMMUNION
Glenn Hughes、Joe Bonamassa、Derek Sherinian、Jason Bonhamによる、
正しく"スーパーバンド"の形容がぴったりなハードロックバンド。
Derekっぽさがかなり薄いのが気になりますが、音楽性を考えたら仕方ないのだろうし、
恐らく狙ってのことなのでしょう。
イマイチ話題になっていない気がしますが、ハードロック好きなら必聴。
来日してくれないかな~。
生Glennを観たことないし、このバンドで観られたら最高だろうに。

AMORPHISは新譜ではなく過去の楽曲を再録した一枚。
相変わらず素晴らしいクオリティですが、初期の楽曲と言うことでかなり"デスメタル"寄り。
最近の作品はかなり湿っぽくてゴシックと言われたりもする程なので、
こちらの音楽性が好みな自分にはちょっとしっくり来ませんでした。

MOJOBONEはOPETH/SPIRITUAL BEGGARS他で活躍中のPer Wibergが
在籍するハードロックバンド。
土臭いハードロックが好きなら嵌ります。
Perはキーボードの他、ヴォーカル、ギターにベースも担当。
OPETHのライブで聴けるあのヴォーカルが堪能できます。
やはりこの人も歌上手いんだな。。。

最後はJAMES LABRIEの最新ソロ、Static Impulse。
これまでのソロも全部聴いていますが、今作はこれまでで最高の出来に感じました。
ゲストにDarkaneのPeter Wildoerを呼んだのが正解。
最近のDTに通じるheavyな楽曲が多いにも拘わらず、
Labrie自身の歌唱には無理が感じらず、心地よい一方、
スクリームはWildoerが担当したことで分かりやすい迫力を感じられます。
Wildoerはドラムスも担当しており、こちらもメロデスっぽい迫力を出すのに一役買ったよう。

買った枚数は多かったものの、
総じて良い作品ばかりで大いに聴き込みが足りない気がします。
10月も引っ張って聴き込もう。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

atomyy

Author:atomyy
音楽の話題と日々感じたことを
書いています。
最近はMetalだけでなく
Prog Rock/Metalにも傾倒しています。

ブログタイトルはVAIのアルバム『Sex & Religion』収録曲から。

※管理人への連絡はこのカラム下のメールフォームよりお願い致します。

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2 Counter
Translation
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
Recent Entries
Recent Comments
My tweet
Category
Blog Ranking
今日は何位? クリック↓


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Search
atomyy's Playlist
1.Homegrown - Alive In Lugano / GOTTHARD
gotthard_homegrown_side
2.Heritage / OPETH
opeth_heritage_side
3.Grace For Drowning / STEVEN WILSON
stevenwilson_gracefordrowning_side
4.A Dramatic Turn Of Events / DREAM THEATER
dreamtheater_adramaticturnofevents_side
5.Falling Deeper / ANATHEMA
anathema_fallingdeeper_side
6. The Aristocrats/ THE ARISTOCRATS
aristocrats_aristocrats_side
7. Revival/ THE ANSWER
theanswer_revival_side
8. Dualism / TEXTURES
textures_dualism_side
9. Sympathetic Resonance / ARCH/MATHEOS
archmatheos_sympatheticresonance_side
Recently Played Tracks
My Weekly Top Artists
Album Quilt
Link
Monthly Archives
Recent Trackbacks
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS Feed
QR Code
QR
Blog Jankie
NINJA TOOLS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。